TOP 高級志向から個性を重視したブランド品を選好する中国人

高級志向から個性を重視したブランド品を選好する中国人

ルイ・ヴィトンのバッグやグッチの財布、腕時計だったらオメガとかが高級ブランドの中では特に人気だと思いますが、そのハイブランドを中国市場に展開していた大手メーカーが、どうやら中国人のブランド志向の変化にあたまを悩ませているようです。

7万円台の高価で収益性の高いブランド製品ではなく、もっと個性的な製品へと目を向け始めている中国人ですが、それは、高級ハンドバックの半分以上を世界2位の経済大国となった中国で販売することにより伸びてきた英銀HSBCからすれば、今後の展開によっては事業拡大を図ってきたメーカー各社が打撃を受けることにより影響があるとみるのは当然のことですよね。

しかしながら、ユーロモニター(ロンドン)の高級品調査グローバル責任者、フラー・ロバーツ氏は「

高級品業界が成熟し、中国人のショッピング対象はより洗練されたものになっている。派手さだけを求めているということではない
」と述べているようで、今後の中国のブランド市場はどのように変化していくのかはまだまだ不透明のようです。

消費者からしてみれば、それに価値があると思えるなら、景気が悪くても必要なので購入しますけどね!高いだけじゃぁ駄目ってことですよね!やっぱりバッグは持っていて気分が良いと思えないと、人気のハイブランドだとしても、その価値と値段が合っていないようじゃ購入されないようです。
安くてもデザインや機能性が悪かったら目にも止まりませんしw

ヴィトンよりもボッテガ 中国顧客変化、ロゴ入り避け個性重視
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/121001/mcb1210010500000-n1.htm